20141020

ぶらり旅

ちょっと久しぶりです


先月末、ひさしぶりに旅をしました
ロンドンと香港に行ったのですが、ロンドンは7年前に数ヶ月ただただ気侭に過ごしたところ
香港は中学生のときはじめての海外旅行先だった&今は兄が住んでいるためいつのまにか海外最多滞在先です。


ひさしぶりの旅先としてはとても良かったです
7年前に訪れたときは、まだお菓子を作るようになるとは思ってもなかった(趣味ではよく作ってたけど)し、なにがしたいのか  いわゆる自分探し的なかんじだったのかな。
自分探しってなんかかっこわるい言葉だけど、それくらいかっこわるいときだって人生にはありますよ。



でも 旅の目的はいつも変わらないな
その土地での《生活》を知りたい 感じたい 過ごしたい 馴れたい
というところかな。


そこで暮らす人々が 年齢性別出身さまざまではあるけれど
そこをベースに暮らしているひとたちの当たり前や特別は、日本の東京に生まれ育ち暮らしている私にどう違うのか、どこが近しいか 同じか。

きっと目に見えるものや食べる味や聞こえる音は違えど、
人が生きる根本は同じだよなぁとか改めて感じたり

このひとつひとつの窓のなかにさまざまな人生が存在しているのだと感じることが好き





ま、そんなこんなで キッチン付きのアパートを借りて普段日本では手に入りづらい食材を調理して楽しんでいました



旬のポルタベラとラディッシュ、アーティチョークがとくにおいしかったな
(写真はぜんぜんそれらはいってない朝食ですけど…)
香草やクセの強い食べ物がとくに好きなので、ほんとうにあの濃くつまった野菜や果物には感動してしまいます。








友人にも再会できてすごく楽しい1日を過ごせたり

ひたすら好きな公園と美術館を歩きわたって感じるままにノートに記して
これがいちばんすきなこと。














お菓子はもちろん食べました 見つけては食べて
すっかりあのイギリス菓子的粉モノにハマってしまった

そもそもフランス菓子にしか興味を持っていなかったなと気付き今回ロンドン行きを決意したのです。




おかげさまで帰国してからのケータリングでは
フランス的 ルリジューズプロヴァンサルとケイクショコラフランボワーズ
イギリス的 キャロットケーキとヴィクトリアサンドケーキ
というかんじでした



(なんと先日iPhoneが突如故障したため写真が全然ありません、、、)

相変わらず脈絡も途方もなくなってしまうので
ひとまずこのあたりで、、